ヌエボ・ラージョ・ヘラルド日本版 #rayovallecano

気になるピティの去就は???

ラージョ・バジェカーノのレジェンドともいえる存在である

MFピティが、練習試合で1分もピッチに立っていません。

 

くるぶしの怪我という噂もありますが、理由はそれだけではないようです。

 

ピティは、2016年2月にグラナダとの契約を破棄して

ラージョ・バジェカーノに戻ってきました。

 

その時にグラナダの監督を務めていたのが、サンドバル監督です。

サンドバル監督は、ラージョ・バジェカーノセグンダからプリメーラに引き上げ、

初年度のプリメーラ残留させたときの監督です。

ピティは、その時の主力メンバーでした。

 

そんなピティが、2016年2月にラージョ・バジェカーノに戻ってくる際に

Twitterでこんなことをつぶやいていました。

サンドバル監督との関係は、グラナダでもバジェカスでも悪かった。良い関係は作れないだろうね。

 

サンドバル監督との間で何があったかはわかりませんが、

こういうつぶやきをしてしまったら、

サンドバル監督的には使うわけにはいかないのかな、と。

 

仮にこの発言をしたピティを使ってしまったら、

チームを一枚岩に保つことが難しくなり、

チームが内部崩壊してしまうかもしれません。

 

この発言をした時は、

ピティは「ラージョの監督にサンドバルが復帰する」なんて

ちっとも思っていなかったのでしょうね。。。

 

サンドバル監督は、ピティがラージョに移籍した後にグラナダの監督を

クビになっています。

そして、その翌シーズンにはパコ・ヘメス氏がグラナダの監督に就任・・・。

 

ピティの聖域である左ウイングではモヒカやアレックス・モレノが、

もう一つの得意ポジションであるトップ下ではエンバルバが台頭しています。

トップ下は、モンティエルという新星も現れています。

ピティにとっての「聖域」はもはや「聖域」ではなくなっているのです。

 

ラージョ・バジェカーノのレジェンドを無下に扱うわけにも

いかないので、どううするかはとても悩みどころではあります。

 

トラショラス(またはミチェル)あたりが、

うまい具合に仲を取り持ってもらえばヨイのですが。。

 

f:id:sandplover_petro:20160802214731j:plain