ヌエボ・ラージョ・ヘラルド日本版 #rayovallecano

【リーガ2015-2016】第1節;ラージョ0-0バレンシア


f:id:sandplover_petro:20150824231417j:image
 

ラージョ・バジェカーノは、バレンシアをホームに迎えての開幕戦に臨みました。

 
結果は0-0の引き分け。バレンシアがほぼ1.5軍だったので勝ちたいとこではあったのですが、まあ悪くない結果でしょう。
 
ちなみにラージョは、プリメーラに復帰してから開幕戦で負けていません。開幕戦との相性の良さは、今年も健在でした。
 
FWは、マヌーショとミクーの2トップ。CFの控えなしで臨むかたちとなりました。ミクーは、昨シーズンまでアルベルト・ブエノが担当していたシャドウっぽい役をやりましたが、あんまりフィットはしませんでした(動き回ってはいましたが)。ここは、経験の差ですかね。。
 
前半、ラージョはバレンシアの前線(ピアッティ、サンティ・メナ、ネグレド)に引っ掻き回されますが、GKトーニョが当たりまくります!
 
CBのディエゴジョレンテにとっては、ラージョでのデビュー戦になりました。不安定なところは随所に見せていましたが、パコ・ヘメス監督が好きそうな、思いきりよく前線でボールを運ぶシーンが印象的でした。
 
後半は、前半とは違う展開になり、ラージョが押すシーンも増えました。
 
右サイドのエーベルトからのクロスをマヌーショが外してしまったシーンや、
 
右サイドからラスがあげた高速グラインダーに、途中出場のファリーニャがあわせ損ねたシーンなど、
 
かなり惜しいシーンもありました。
 
しかし、バレンシアのゴールはこじ開けることができずに、スコアレスドローに終わりました。